和菓子屋さんでふと目について、瓶詰めの甘露梅を買ってきました。
いままでカンロウメだと思ってたんですが、ふりがながカンロバイって書いてあって、ちょっとびっくり。

甘露梅って言ったら乾燥しててカリッとした物だと思ってたんですが、買った甘露梅は文字通り甘露、シロップ漬けになってるタイプ。
梅干しを作る時の赤紫蘇でくるんだらしい、赤い甘露梅も有ったんですけど、紫蘇の匂いがするスイーツってどうなの?と思ったので青い甘露梅に。

試しに食べてみると、今まで食べた甘露梅とは全くの別物。
カリッとした食感ではなく、柔らかくぷるんとした食感で、果肉はとても甘く、青梅のすっきりした酸っぱさが控えめに主張する果汁が出て、すごく爽やかで上品なお菓子です。
スーパーやコンビニで売ってる甘露梅も好きですけど、あっちは気楽につまめるおやつ、こっちはティータイムにお客様に出しても恥ずかしくないお菓子って感じです。

まあお客に出さずに一人で食べちゃいますけどね。
和菓子屋さんの甘露梅がここまで美味しい物だとは、想像もしてませんでした。年齢を重ねても、ドレスが映えるようになります